読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hi!mountain:)

寝ても醒めても山のことばかり

2016年ベスト山行 ジャンダルム

登山

いよいよ第2位です!

ドゥルルル...ダンッ!!!!

 

第2位『ジャンダルム』2016.8.7-8

 

ジャンダルム。

山をやってる人ならみんな知ってる、

あの有名なジャンダルム。

「いつか行きたい」

ことがある度に口にしてたら

ある日「ジャンダルム行かない?」と声がかかった。

チャンス到来ヽ(´▽`)ノ

 

こうやって夢のジャンダルムへの道が開けた(´˘`*)

 

今回のジャンダルムは奥穂高岳から西穂高岳

f:id:hutte55153:20161223125421p:image

奥穂高岳から歩く場合は、

すぐに馬の背があり、ここで怖いと思ったら引き返せる点がメリットであり、

基本的に下りなので高度感がすごいのがデメリット。

 

1日目。白出沢ルートより奥穂高岳山荘まで歩きます。

f:id:hutte55153:20161223120534j:image

新穂高ロープウェイの駐車場の横の林道を歩き出し、

槍との分岐点で奥穂高岳方面へ➫

f:id:hutte55153:20161223120718j:image

やっと登山道らしくなります。

 

f:id:hutte55153:20161223120906j:image

重太郎橋

f:id:hutte55153:20161223120933j:image

あ、笠ヶ岳♡(この時は今年笠ヶ岳に登るとは考えてませんでした)

 

途中で食べたスイカ。リーダーが持ってきてくれましたヽ(´▽`)ノ

f:id:hutte55153:20161223121140j:image

うまー(´∀`)とても暑い日だったのでスイカに救われました!

 

奥穂高岳山荘手前はガレ場。

f:id:hutte55153:20161223121309j:image

ちょっと反対向きですが...有名な『アビナイヨ』。

ガレ場は少し歩きにくいけど、距離にするとそんなに長いわけではない。

 

そんなこんなで奥穂高岳山荘に到着!

f:id:hutte55153:20161223121445j:image

この日は日曜日でしたが、山荘前にはたくさんの人( ºωº )

 

受付して荷物を置き...ビールタイムヽ(´▽`)ノ

f:id:hutte55153:20161223121534j:image

ビールを飲みながらロープワークの復習。

 

そんなことしながら待ち合わせした山友を待ちます。

彼は上高地から前穂、吊り尾根を経て向かってきてるはず...

あ、来た来た٩(^ᴗ^)۶

f:id:hutte55153:20161223121658j:image

疲れすぎて死んだ顔してました。笑

 

これでメンバーが揃い、夜は更けていきました...(ρ_‐)。oOzZZ

 

2日目。早朝に出発です。

f:id:hutte55153:20161223121854j:image

槍さんも|´-`)チラッ

 

少しずつ夜が開けていきます。

f:id:hutte55153:20161223121939j:image

太陽がまだ出てないからさむーい。

とりあえず奥穂高岳登頂!

(奥穂はこれで2回目の登頂)

f:id:hutte55153:20161223122018j:image

周りも全部見えます。+.゚.( °∀°)゚+.゚。

f:id:hutte55153:20161223122224j:image

f:id:hutte55153:20161223122238j:image

f:id:hutte55153:20161223122248j:image

そして今日のターゲットロックオン(๑•̀ •́)و✧

f:id:hutte55153:20161223122155j:image

うーん、近いような?遠いような??

 

正直、ここからははっきり覚えてません。

とにかく目の前の岩をどう乗り越えるかで必死で

高度感よりも手足をどこに置くかってことの方に夢中になってたと思います。

 

 f:id:hutte55153:20161223122605j:image

ここが馬の背。この時は感じなかったけどすごいところだわ。笑

f:id:hutte55153:20161223122728j:image

我ながらよくこんなところ歩いたなと。笑

 

f:id:hutte55153:20161223122807j:image

奥穂高岳側からジャンダルムまでは近いので

夢中になってるとすぐ着いた印象。

f:id:hutte55153:20161223122849j:image

ジャンダルム直下。

こんなところクライミングで登るスキルは私には備えてないので

私は西穂高岳側に回って登ります。

 

そして到着です\\٩( 'ω' )و ////

f:id:hutte55153:20161223123553j:image

やっと...やっと...天使に会えました。・゚・(ノД`)・゚・。

こんなどぴーかんの日に登れて感無量です。

そしてたまたまですが天使のジョウロから雲が出てきてるような写真になりました。笑

 

そして3人で記念撮影!

f:id:hutte55153:20161223123627j:image 

みんなでハイタッチして喜びを分かち合います(〃艸〃)

 

しかし喜んだのもつかの間。

ジャンダルムから西穂高岳までが遠い(  ̄▽ ̄)

目的が達成されたものの、危険箇所が続くので気が抜けません...

f:id:hutte55153:20161223123824j:image

f:id:hutte55153:20161223123836j:image

f:id:hutte55153:20161223123845j:image

f:id:hutte55153:20161223123907j:image

f:id:hutte55153:20161223123929j:image

最後の写真が逆走スラブってやつですね。

ここもなかなかでした…

 

そんなこんなで…疲れ果てて西穂高岳に到着です!

 f:id:hutte55153:20161223124137j:image

ジャンダルム山頂では風が強くて広げられなかった手ぬぐいを

西穂高岳山頂で広げて達成感を出してみました。笑

 

ここからは何回も歩いてる西穂高岳のルート。

いつも西穂独標から西穂高岳山頂まででも危ないなと感じていたのですが、

今回西穂高岳から独標までのルートが

ジャンダルムのルートと比べて

一気にレベルが下がったと感じました( ˙3˙)

(まぁ当たり前なんですが...)

 

あとはもう疲れ果ててきてたので(身体的にもメンタル的にも)

ダッシュで西穂山荘に向かい、食べたかったラーメンを!!

f:id:hutte55153:20161223124534j:image

染み渡る美味しさ(*꒦ິ³꒦ີ)

 

 

こうやって全員無事にジャンダルムを登頂し、戻ってくることが出来ました(´∇`)

怖いというよりはとっても楽しくて

アドレナリン放出しっぱなしでした。笑

今度は西穂高岳から奥穂高岳まで歩いてみたいな♪♪